肢体不自由児・者の美術展/デジタル写真展

01

肢体不自由児・者の美術展・デジタル写真展

●ごあいさつ

障害のある方々が、生きがいのある充実した生活を営むことは、自己表現の機会を拡大して社会参加を図り、人間性を豊かにするだけでなく,周囲の人々の心のバリアを取り除き、共に生きる明るい社会を作るためにも大切なカとなります。

本会では、不自由な手に代えて口や足を 使うなど、不自由を補う工夫をしながら創作活動に励んでおられる方々の、努カの結晶ともいうべき作品を、各道府県肢体不自由協会と共に全国から募集してきました。
応募作品は全国から寄せられておりますが、その中から入賞作品を選び、「肢体不自由児・者の美術展」として展示いたします。
今回で第35回を迎えることになりましたこの美術展を通じて、肢体不自由児・者に対する皆様のあたたかいご理解とご支援を頂ければ幸いです。

また、同時に全国の肢体不自由児・者から寄せられたデジタル写真作品の中から入賞作品30点を「肢体不自由児・者のデジタル写真展」として同会場で展示します。
第35回 肢体不自由児・者の美術展ポスター
28年度ポスター
主催  :  社会福祉法人 日本肢体不自由児協会
各道府県肢体不自由児協会
後援  :  厚生労働省
文部科学省
東京都
全国特別支援学校肢体不自由教育校長会
全国肢体不自由特別支援学校PTA連合会
一般社団法人 全国肢体不自由児者父母の会連合会
社会福祉法人 朝日新聞厚生文化事業団
公益財団法人 毎日新聞社会事業団
社会福祉法人 NHK厚生文化事業団
協賛  :  NTTデータ ジェトロニクス株式会社
公益財団法人オリックス宮内財団
テルウェル東日本株式会社


02

第35回 肢体不自由児・者の美術展/肢体不自由児・者のデジタル写真展

会期 平成28年12月14日(水) ~17日(土)
11:00~19:00
会場 東京芸術劇場 5階ギャラリー1
東京都豊島区西池袋1-8-1
主催 日本肢体不自由児協会/各道府県肢体不自由児協会
後援 厚生労働省、文部科学省、東京都、全国特別支援学校肢体不自由教育校長会、全国肢体不自由特別支援学校PTA連合会、一般社団法人 全国肢体不自由児者父母の会連合会、社会福祉法人 朝日新聞厚生文化事業団、公益財団法人 毎日新聞社会事業団、 社会福祉法人 NHK厚生文化事業団
協賛 NTTデータ ジェトロニクス株式会社公益財団法人オリックス宮内財団
テルウェル東日本株式会社
問い合わせ 日本肢体不自由児協会 〒173- 0037東京都板橋区小茂根1-1-7 TEL 03-5995-4511
地方巡回展示 福岡県、沖縄県、新潟県


●第35回(平成28年度)「肢体不自由児・者の美術展」 平成28年度「肢体不自由児・者のデジタル写真展」

●第33回(平成26年度)「肢体不自由児・者の美術展」 平成26年度「肢体不自由児・者のデジタル写真展」

1.応募資格 肢体不自由児・者
2.応募要領(美術展)
1人1点に限ります
ただし絵画、書、コンピュータアートの3部門でそれぞれ1点ずつは受け付けます。
グループで制作されたものは不可です。
題(テーマ)は自由です。
未発表(所属先等での内部発表会は除く)のオリジナル作品に限ります。
構図やデザイン等を模写した場合は原作者の了解を得てから応募してください。
応募用紙に必要事項をもれなく記入の上、制作風景の写真(応募作品制作時のものでなくても可)を必ず添付してください(制作風景写真は作品審査の参考にさせていただきます)。
   
(絵画)
4つ切りサイズ(38.0㎝×54.0㎝)以内、ただし油彩画はF8号
(45.5㎝×38.0㎝)以内でキャンバスボード(板状のもの)のみで キャンバスは不可。
(書)

書道用紙で半紙、半切1/4縦(八ッ切)、半切1/3、半切1/2、半切2/3、半切、全紙1/2のみでその他は不可(硬筆はB4以内)。

(コンピュータアート)
B3(51.5㎝×36.4㎝)以内のこと。

※いずれも額に入れたり、台紙にはったり、裏打ちをしないでください。
※規格外の作品については、必ずお問い合わせください。
3.応募要領(デジタル写真展)
1人2点以内です(本人が撮影したものに限ります)。
今年度から1人2点以内に変更になっています
題(テーマ)は自由です。
未発表(所属先等での内部発表会は除く)のオリジナル作品に限ります。
応募用紙は参考形式を参照してください。
必要事項が記入されていれば書式は自由です。
データでの応募で、ファイルフォーマットはJPG形式のみ(動画は不可)CD・DVD等のメディアに記録し郵送又はE-MAILでも受け付けます(art@nishikyo.or.jp)。
別の形式の場合は必ずお問い合わせください。
学校や施設等での複数名応募の際は1枚のCD等での応募は可能です。
(ファイル名で主催者側がわかるようにしてください)
   
※A4サイズにプリントアウトして差支えない記録画素数、クオリティで応募下さい。
デジタル写真展応募用紙(Excel)
   デジタル写真展応募用紙(PDF)
4.審査 美術・写真専門家を含む関係者をもって構成する審査委員会において、作品種類別に分けて障害の種類、程度、年齢等を考慮して以下の賞を定めます。

(美術展)
特賞(厚生労働大臣賞、文部科学大臣奨励賞、東京都知事賞をはじめとす
る後援・協賛・主催団体賞)26点以内、
優秀賞40点以内、
佳作賞40点以内、
努力賞30点
(デジタル写真展)
特賞4点以内、
金賞10点以内、
銀賞20点以内、
銅賞70点

審査委員特別賞:特に審査委員の推奨のあった作品に贈ることがあります。

入賞者全員に賞状及び入賞作品を掲載した作品集を贈呈します。

参加賞:応募された方全員に記念として参加賞を贈呈します。
5.表彰式 平成28年12月14日(水)東京芸術劇場に得賞受賞者を招いて表彰式
(予定)を執り行い、賞を贈呈します。
審査結果は11月上旬に通知します
6.開催日程 平成28年12月14日(水)~17日(土)までの4日間
東京芸術劇場(東京都豊島区西池袋1-8-1)
その後、新潟県・大阪府・福岡県・沖縄県等で巡回展示予定です。
7.申込締切 平成28年9月23日(金)当日必着
8.応募先 〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-1-7
社会福祉法人日本肢体不自由児協会 美術展係
TEL03-5995-4511 FAX03-5995-4515
E-MAIL: art@nishikyo.or.jp
9.その他 応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、主催者は応募作品を審査結果の発表及び広報のため等に無償で展示及び複写する権利を有します。
美術展応募作品(絵画・書・コンピュータアート)に限り送料応募者負担にて希望者には応募作品を返却します。返却時期は平成29年1月末を予定しております。
また、入賞された場合は各地の巡回展示を予定いているため1年間は本会に保管し、返却は平成30年1月になります。
デジタル写真作品は返却いたしません。
入賞された場合は氏名・年齢・所属を公表いたします(障害名は公表しません)。
03

第34回(平成27年度)「肢体不自由児・者の美術展」及び
平成27年度「肢体不自由児・者のデジタル写真展」の開催

 第34回(平成27年度)「肢体不自由児・者の美術展」及び平成27年度「肢体不自由児・者のデジタル写真展」(後援:厚生労働省・文部科学省・東京都など9団体、協賛:NTTデータ ジェトロニクス株式会社・公益財団法人オリックス宮内財団・テルウェル東日本株式会社)が、平成27年12月16日~19日までの4日間、東京池袋の「東京芸術劇場」において開催され、初日の16日には本会総裁常陸宮殿下のご臨席のもとに特賞受賞者表彰式が行われました。

 この美術展やデジタル写真展は、肢体不自由児・者の生きがいづくりと障害者に対する理解促進を目的として、毎年12月の障害者週間の時期に合わせて開催されております。27年度は、全国の肢体不自由児・者から美術展には705点、デジタル写真展には901点の応募がありました。これら応募作品については、美術・写真の専門家を含む関係者で構成する審査委員会においてそれぞれの部門から、障害の程度・年齢などを考慮して選考しました入賞作品を美術展では93点(特賞25点・優秀賞37点・佳作賞31点)、デジタル写真展では30点(特賞2点・金賞8点・銀賞20点)を展示するとともに、特賞受賞者27名に対する表彰式を執り行いました。

美術展入賞作品が見られます。
デジタル写真展入賞作品が見られます。

  展示会は、常陸宮殿下、受賞者代表の髙橋渓斗さん、日本肢体不自由児協会田中理事長によるテープカットに始まり、その後殿下は作品をご覧になり、展示会場内でお迎えをされた受賞者の方々に励ましのお言葉をかけられました。

テープカット 受賞者を励まされる常陸宮殿下
(テープカット) (受賞者を励まされる常陸宮殿下)

 引き続いて行われました表彰式では、主催者である日本肢体不自由児協会の田中理事長の挨拶にはじまり、厚生労働大臣賞をはじめとするそれぞれの団体賞を受賞された皆様をご紹介し、代表の方に賞状を授与しました(表彰式終了後に各受賞者の方々には、それぞれの作品の前にて、厚生労働省はじめご出席いただきましたそれぞれの団体代表の方より賞状をお渡ししました)。

厚生労働大臣賞受賞の 福島美津子 さん
(厚生労働大臣賞受賞の 福島美津子 さん)

(敬称略)
厚生労働大臣賞 福島 美津子 糟谷 幸輝
文部科学大臣奨励賞 黒澤 昇龍 河西 朝
東京都知事賞 髙瀬 瑠菜 柴崎 啓二
全国特別支援学校肢体不自由教育校長会賞 田島 光 木名瀬 慎也
全国肢体不自由特別支援学校PTA連合会賞 井上 慎哉 正田 瑞季
全国肢体不自由児者父母の会連合会賞 逢坂 和幸 後藤 光子
朝日新聞厚生文化事業団賞 畑中 明日美 髙橋 渓斗
毎日新聞社会事業団賞 長濱 十貴子 小澤 悠
NHK厚生文化事業団賞 宮迫 千尋 中村 愛良
NTTデータ ジェトロニクス国際賞 川島 考太郎 川村 悠斗
オリックス賞 山田 萌々華 根井 悠汰
テルウェル東日本賞 池田 璃那 佐藤 諄之助
日本肢体不自由児協会賞 大窪 健翔 辻 有子
審査委員特別賞 島 幸恵  


授与後に、本会総裁の常陸宮殿下より次のようなお言葉を賜りました。

お言葉を述べられる常陸宮殿下
(お言葉を述べられる常陸宮殿下)

「第34回肢体不自由児・者の美術展及びデジタル写真展に入賞された皆さん、おめでとう。
心からお祝いします。
 本日のこの栄誉を忘れることなく、今後とも、創作活動に励まれ、立派な作品を制作されるよう希望します。」


 この後、ご出席いただきました来賓を代表して厚生労働省、文部科学省、東京都の来賓の方から祝辞をいただき、受賞者を代表して青森県立青森第一高等養護学校の辻有子さんからお礼の言葉があり、表彰式が無事に終了しました。

 辻さんは『私は、この「肢体不自由児・者の美術展」の表彰式に出席することを目標に、作品制作をがんばってきました。私が書いた「日々挑戦」は、さまざまな課題に日々挑戦していき、少しずつクリアしていこうという思いで書きました。今日、このような盛大な表彰式に出席させていただき感激でいっぱいです。この感激を忘れず、自分の目標達成のため、何事にも“日々挑戦”していきます。』とお礼の言葉を述べました。

辻 有子さん
(辻 有子さん)
厚生労働大臣賞受賞の 野上政義 さん
  (辻さんの作品 第34回美術展特賞「日々挑戦」)

 美術展表彰式の中で、第63回「手足の不自由な子どもを育てる運動」にかかる絵はがき原画作者表彰を行いました。これらは26年度美術展の来場者アンケートをもとに関係者によって決定され、本運動にて頒布します絵はがきの原画に採用されたものです。友情の絵はがき賞を首藤嵩章さんと平田崇裕さん、愛の絵はがき賞を島幸恵さんに贈りました。また、愛の絵はがきに原画を提供してくださったものまね芸人のキンタロー。さんには、日本肢体不自由児協会から感謝状を贈呈しました。キンタロー。さんは、12月のお忙しい時期にもかかわらずご出席いただき、殿下にご自身の作品を説明されたり、受賞者の皆さんへのはげましとともに記念撮影にも気軽に応じてくださいました。

岩崎宏美さん
(感謝状を受けるキンタロー。さん)
岩崎宏美さん
(キンタロー。さん)

  4日間の会期中には多くの来場者がありました。

 今後、受賞作品は平成28年2月の福岡県を皮切りに、大阪府・新潟県・沖縄県等で巡回展示される予定です。

ページのトップへ